Study About Consulting

BKSワールドがご用意する各種試験対策教材に対する想い

BKSワールドはおもにカウンセラー、キャリアコンサルタント等

ビジネスシーンにかかわる心理職、コンサルタント職にかかわる

資格取得のための試験対策を提供しております。

 

しかし、この心理にかかわるカウンセラーの技能に関して、

「人と向かい合いながら成長する」

「清貧でなければならない」

「失敗を積み重ねて学ぶ」

「徒弟制度至上」

のように、コツコツ積み重ねて手にするものだとお考えの方が

少なからずいらして、BKSワールドのように、

対価をいただき、

いわばショートカットのようにお伝えしていくことを

とても悪しく思われる方もいらっしゃいます。

 

それはひとつの考え方として敬意をもって尊重いたします。

 

しかし、実際問題として、

本当にその資格を必要とされている方が、

その信念のもと、なかなか資格を手に

できないという現実も存在しています。

 

技能は十分におありだし、クライエントを前にすると

とても誠実に向かい合っているのに、

「資格を得るコツ」

をご存知なかったり、

「面接ガチャ」

(あえてこう言っています。組み合わせが悪いともう最悪)

でハズレばかり引いたり。

 

そう言う方こそ、早く資格を手にして、

職場の上司からねちねち言われないようになってほしいな、と

思うのですが、

「資格を得るコツ」

を知らないがゆえに、

ずっと方向音痴の努力をしたり、

根性論を周りから強いられたりしています。

 

そういうケース、何回も見てきました。

 

他の、国家資格だと対策講座は悪しく言われないのですが、

なぜか、心理職(それも臨床心理はあまり言われないのに)、

カウンセラーは言われるんですよね。

 

不思議です。

 

カウンセリングは科学で、

試験も科学的におこなっているはずなのに、

対策に科学やデータを持ち込むと

急激にアレルギー反応がおきます。

 

きっと、そこに稼いでいるイメージがあるからなのでしょう。

 

ただ、先達がある程度、糧をしっかり得ていることを示さないと、

あとから誰も続かないし、

また、後進に同じような苦労を強いてしまうのが人間のサガだと思うのです。

 

資格貧乏デフレスパイラル発生です。

 

BKSワールドはそのような苦労はしなくてもよい苦労と考えています。

 

苦労をしないことが他者の既得権を奪ったり、

浸食はしないのです。

 

比較しても仕方ないんです。

 

でも、アンチテーゼを示すかたのお気持ちもわかります。

共感はします。同感はしませんが。

 

そこはきちんと自分自身を戒めつつ、

リーズナブルなお値段で、

教材を家内制手工業で試験対策を支援していきます。

 

「最小限の労力で合格を!」

 

を合言葉にみなさんに「合格パスワード」をお届けしていく決意表明です。

 

 

 

-Study, About, Consulting
-, ,