Lifehack

さしすせそで男性を褒める?

さしすせそといえば、調味料を入れる順番の話だと思っていたのははるか昔のこと。

いまは、男性を褒めるために世の女性はさしすせそを用いるそうです。

2014-09-18 16.14.46

さ:さすが
し:しらなかったぁ
す:すごーい
せ:せんぱい
そ:そうなんですかぁ

とてもおもしろく便利なライフハックではあると思いますが、どうなのでしょうか。たしかに自然にちょちょっとこのテの言葉を繰り出していくと、コミュニケーションは明らかに潤滑になっていくでしょう。

しかし、自然ではない場合は…。

言い添える必要もないでしょうが、相手は、「バカにされているのかな」と感じてしまうでしょうね。

このテの褒め、実は日本人はあまり得意でありません。人を褒めるのも、人から褒められるのも慣れていません。特に男性はそうでしょう。習慣にあまりありません。ですので、意識してやろうとすると、ぎこちなくなってしまったり、下心が見え隠れしたりするようなものになってしまいがちです。

実際、最近たまにある自称「褒めて伸びる子ですから」みたいなアピールはあれ空回り以外の何物でもありません(笑)

ですので、この女性が使っている、「さしすせそ」、もしかしたら、目の前にいる男性は実はあまりうれしくなく、ドツボってる可能性も少なくないかもしれないですね。

では、どうしたらよいのでしょうか。

私が思うに、これは、あえて、わざとらしくやってしまって、下心を隠してしまう、ということがひとつオススメです。

自然に繰り出すことができない言葉であるならば、わざとおおげさに意図的にやってみるのです。若干茶化したようにするのもアリでしょう。

さすが!

ではなく、

さっすがぁ~~!!!!!

くらいの勢いがいいと思います。

こうすると、受け取る側ももう疑う余地なく、仕方なくでも笑ってその気持ちを受け取ってくれるものです。そこまでやってくれてるのに、受け取らないほうが悪いかも、という心理が働くのです。ある意味ドア・イン・ザ・フェイスっぽい手法かもしれません。

ただし、大げさのマンネリは避けたいところですので、さっすがぁ~~!!!!!のあとに、いくつかバリエーションを用意しておくとよいかもしれません。その筆頭としてあげられるのが、

敵わない

でしょうね。もうあなたには感服するばかりです、ということを示すのです。

類似する言葉として、なかなかできることではない、あなただからできるのよ、などを付け加えると、さらに褒めが活きてくると思います。これらを対にして、バリエーションを組んでこその褒め上手ですね。さしすせそ、で満足しないでください(笑)。そして、男性のあなたはさしすせそ、に踊らされないでくださいね(笑)。

 

 

 

-Lifehack
-, , ,